活動方針

平成30年度活動方針                        埼玉県公立小学校校長会

埼玉県公立小学校校長会は、結成以来今日まで、「学び実践する校長会」として真撃に研究と実践を重ねるとともに、新しい時代に対応した教育に果敢に挑戦し、本県小学校教育の充実・発展に努め、多大な成果をあげてきた。
近年、情報化やグローバル化の進展、少子高齢化や絶え間ない技術革新などにより、社会が加速度的に変化している。この厳しい時代を生き抜くためには、社会の変化に主体的に関わり、豊かな創造性やしなやかな知性といった、新たな知を生み出す力を養い、協力して課題を解決していけるようにする必要がある。また、自立、協働、創造を軸とした人々の絆や支え合う仕組みを重視した人間性豊かな社会を実現することが強く望まれている。
こうした状況を踏まえ、学校教育においては、これまで以上に知・徳・体の調和のとれた「生きる力」の育成を目指し、伝統や文化に立脚し、高い志をもつ人間へと成長できるよう、他者と協働しながら豊かな未来社会の創造に挑む子どもを育成しなければならない。
我々校長は、これらの現状を深く認識するとともに東日本大震災等の教訓を生かし、職責の重大さを自覚して、自ら研鑽に励むことが重要である。そして、本会の研究主題である「新たな知を拓き 人間性豊かな社会を築く 日本人の育成を目指す小学校教育の推進」に一層取り組み、「生きる力を育て 絆を深める埼玉教育」の進展、「ゆめをもち 未来を切り拓く さいたま市の子ども」の実現に努め、県民の信頼に応えなければならない。
そこで、本年度は、次の活動を重点として推進する。

1 学校経営の充実
校長自ら研鑚に励み、確かな教育理念に基づくリーダーシップを発揮するとともに、家庭・地域社会等との連携を密にし、学校教育目標の具現化に努める。また、教育活動の充実、教育環境の整備を図るとともに、学校の主体性を発揮し、学校評価を活用するなどして、開かれた学校経営を行い、創意を生かした特色ある学校づくりに努める。

2 研究活動の充実
研究主題「新たな知を拓き 人間性豊かな社会を築く 日本人の育成を目指す小学校教育の推進」に基づく「共に生きる知恵を磨き 心結ぶ未来社会をつくる 誇り高き子どもの育成」を副主題とする研究活動の充実に努め、その成果の具現化を図る。

3 創意ある教育課程の編成・実施・評価・改善
個性を伸ばし「生きる力」を育む教育を目指し、「『確かな学力の育成』、『グローバル化に対応する人材の育成』、『社会的に自立する力の育成』(埼玉県)」「『知』『徳』『体』『コミュニケーション』のバランスを大切にした教育(さいたま市)」を推進する。また、「生きて働く知識及び技能の習得」「未知の状況にも対応できる思考力、判断力、表現力等の育成」「学びを人生や社会に生かそうとする学びに向かう力、人間性等の涵養」を推進するとともに、道徳教育の充実による豊かな心の育成と体力の向上に努める。

4 教職員の資質能力の向上
世代交代が急激に進む中、優れた指導力と使命感を兼ね備えた教職員の育成を目指して、経験に応じた研修の充実と教職員倫理の確立に努める。また、人事評価制度を十分活用し、教職員一人一人の意識改革を図るとともに、専門職としての一層の資質能力の向上に努める。

5 生徒指導・人権教育・特別支援教育等の充実
自他の生命を尊重する態度を育成するとともに、いじめの根絶、不登校の解消など生徒指導上の課題並びに人権教育、特別支援教育等に係る諸課題を解決するため、指導力の向上、校内組織の整備、相談体制の充実等に全力で取り組み、心豊かな子どもの育成に努める。

6 学校保健・学校安全・学校食育の充実
生涯にわたって健康で豊かな生活が送れるよう、家庭・地域社会等と連携を図りながら、安全・安心かつ健康的な環境をつくるとともに、安全・健康教育の推進・充実と望ましい食習慣の形成に努める。

7 教職員定数や処遇の改善
少人数学級の推進や子どもと向き合う時間の確保等の教育諸条件の整備や義務教育費の確保を強く求めるとともに、「義務教育諸学校の教育職員の人材確保に関する特別措置法」の精神を尊重し、管理職を含むすべての教職員の職責に相応する適正な処遇が得られるよう広く働きかける。

8 調査・広報活動の充実
全国連合小学校長会及び県内各地域小学校長会との連携を一層密にし、学校経営の充実を図るために必要な調査、国の教育改革の動向を含め広い視野に立った広報活動の実施に努める。

9 組織の強化と活動の充実
平成26年度第66回全連小埼玉大会の経験を生かし、一層充実した本会組織活動を継続させるとともに、関係機関・団体とも綿密な連携を保ち、本県小学校教育のさらなる進展に努める。

ページの上部へ