ご挨拶

学び実践する校長会

                                    埼玉県公立小学校校長会長  田村 俊一

埼玉県公立小学校校長会は、結成以来今日まで、学び実践する校長会として、日々真摯に研究と実践を重ね、埼玉県の初等教育の充実・発展に努め、着実に成果をあげてまいりました。特に、平成26年度は、会の総力をあげて、第66回全国連合小学校長会埼玉大会を開催し、全国の小学校教育の推進に大きく貢献することができました。

今後は、これらの成果をふまえ、今日の様々な教育課題の解決を図るとともに、「生きる力を育て 絆を深める埼玉教育」(「第2期埼玉県教育振興基本計画大綱」)の進展、「ゆめをもち、未来を切り拓く、さいたま市の子ども」(「さいたま市学校教育ビジョン」)の実現に努めてまいります。平成29年度から、さいたま市が埼玉県より「勤務時間・休暇」「給与」「旅費」等について権限が移譲されることに伴い、新たな連携が始まりました。県公立小学校校長会とさいたま市小学校長会は、ともに埼玉県の子供たちの健全育成のために取り組んでまいります。

さて近年、義務教育を取り巻く環境は、大変厳しい状況にあります。いじめ問題、意欲の低下など子供たちの問題。教職員の不祥事に見られる私たち教職員の問題。また、国におけるいろいろな教育改革。特に、学習指導要領改訂。そして、教職員組織の急速な若返りが進んでいます。

このような中、学校教育においては、子供たち一人一人が、自らの問題意識に基づき、課題を設定し、他者に正解を求めず、主体的に解を見出す能力、自らの意見を論理的に発信する力、外国語によるコミュニケーション能力、幅広い教養、多様性を尊重し、社会や文化の背景の異なる人々と協働して事業を遂行する能力を育成することが求められています。

また、県では、平成27年度より、「児童生徒一人一人の学力の伸びを把握できる」新学力・学習状況調査を導入し、児童生徒一人一人の成長を支え、一人一人を確実に伸ばす教育を推進しており、さいたま市では、「さいたま市小・中一貫教育」「英語教育の推進」等を通して、「知」「徳」「体」「コミュニケーション」のバランスのとれた児童生徒の育成を推進しております。

これらを実現していくためには、「目標・方策・進行管理」という学校組織マネジメント機能の強化が重要となります。私たち校長は、今こそ、校長自身が挑戦することに教職員を巻き込んで、児童一人一人の「確かな学力」を着実に育む小学校教育を、真摯に進めていかなければなりません。
県校長会といたしましては、会員の連帯と協力をより強化し、「学び実践する校長会」として、その叡智を結集し「チーム埼玉」としてあらゆる場での議論・研究を深めてまいりたいと考えております。
本会のホームページが会員相互の学校改善における情報交換の場、学校経営の一助となることを期待しております。どうぞよろしくお願いいたします。

                                                                                     

会則

埼玉県公立小学校校長会会則 (PDFファイル:98KB)

役員一覧

平成29年度役員名簿 (PDFファイル:194KB)

平成28年度役員名簿 (PDFファイル:73KB)

平成27年度役員名簿 (PDFファイル:76KB )

平成26年度役員名簿 (PDFファイル:73KB) 

平成25年度役員名簿 (PDFファイル:71KB)

団体の規模

団体の規模及び事業概況等調

1.任意団体

団体の名称 法的根拠 規模 事業内容 備考
会員数等 活動範囲 役職員構成 年予算額
埼玉県公立小学校校長会
昭和24年6月30日設立
なし 810人 埼玉県内 会長1
田村 俊一
副会長6
さいたま市代表1
常任理10
監事4
部長8
理事53
幹事5
事務局2
14,248千円 ・関係諸団体との調整
・研修会・研究会の開催
・円滑な学校経営の推進
・教職員の地位待遇の向上

歴代正副会長

歴代正副会長一覧 (PDFファイル:382KB)

ページの上部へ